summaryrefslogtreecommitdiff
path: root/locale/ja/LC_MESSAGES
diff options
context:
space:
mode:
authorChristian Grothoff <christian@grothoff.org>2021-03-10 21:08:25 +0100
committerChristian Grothoff <christian@grothoff.org>2021-03-10 21:08:25 +0100
commit7074b380d2720df929116f7e65fd119a66a7f1ec (patch)
tree73265786687e381a02d3f4e23f8c937477993fa3 /locale/ja/LC_MESSAGES
parent8f84cfae5880c7d4edb3feec05b8f0be1b3c42ac (diff)
downloadwww-7074b380d2720df929116f7e65fd119a66a7f1ec.tar.gz
www-7074b380d2720df929116f7e65fd119a66a7f1ec.tar.bz2
www-7074b380d2720df929116f7e65fd119a66a7f1ec.zip
rebuilt site
Diffstat (limited to 'locale/ja/LC_MESSAGES')
-rw-r--r--locale/ja/LC_MESSAGES/messages.po134
1 files changed, 85 insertions, 49 deletions
diff --git a/locale/ja/LC_MESSAGES/messages.po b/locale/ja/LC_MESSAGES/messages.po
index af5ec19..2df62e9 100644
--- a/locale/ja/LC_MESSAGES/messages.po
+++ b/locale/ja/LC_MESSAGES/messages.po
@@ -7,11 +7,11 @@ msgid ""
msgstr ""
"Project-Id-Version: PROJECT VERSION\n"
"Report-Msgid-Bugs-To: EMAIL@ADDRESS\n"
-"POT-Creation-Date: 2021-02-01 19:53+0100\n"
+"POT-Creation-Date: 2021-03-10 21:07+0100\n"
"PO-Revision-Date: 2021-03-08 14:29+0000\n"
"Last-Translator: Miyuki Komatsu <miykom@gmail.com>\n"
-"Language-Team: Japanese <http://weblate.taler.net/projects/gnu-taler/"
-"main-web-site/ja/>\n"
+"Language-Team: Japanese <http://weblate.taler.net/projects/gnu-taler/main-"
+"web-site/ja/>\n"
"Language: ja\n"
"MIME-Version: 1.0\n"
"Content-Type: text/plain; charset=UTF-8\n"
@@ -243,9 +243,16 @@ msgstr ""
"GNU Talerプロジェクトの要件を満たさなければなりません。"
#: template/copyright.html.j2:19
+#, fuzzy
+#| msgid ""
+#| "The agreements ensure that the code will continue to be made available "
+#| "under free software licenses, but gives developers the freedom to move "
+#| "code between GNUnet and GNU Taler without worrying about licenses and the "
+#| "company the ability to dual-license (for example, so that we can "
+#| "distribute via App-stores that are hostile to free software)."
msgid ""
"The agreements ensure that the code will continue to be made available under "
-"free software licenses, but gives developers the freedom to move code "
+"free software licenses, which gives developers the freedom to move code "
"between GNUnet and GNU Taler without worrying about licenses and the company "
"the ability to dual-license (for example, so that we can distribute via App-"
"stores that are hostile to free software)."
@@ -1197,18 +1204,30 @@ msgid "GNU Taler in the Press"
msgstr "GNU Taler関連の記事"
#: template/press.html.j2:6
+msgid "2021"
+msgstr ""
+
+#: template/press.html.j2:26
+msgid "2020"
+msgstr ""
+
+#: template/press.html.j2:40
+msgid "2019"
+msgstr ""
+
+#: template/press.html.j2:46
msgid "2018"
msgstr "2018年"
-#: template/press.html.j2:15
+#: template/press.html.j2:56
msgid "2017"
msgstr "2017年"
-#: template/press.html.j2:25
+#: template/press.html.j2:66
msgid "2016"
msgstr "2016年"
-#: template/press.html.j2:43
+#: template/press.html.j2:84
msgid "2015"
msgstr "2015年"
@@ -1291,9 +1310,12 @@ msgid ""
"online publications. Thus, GNU Taler must protect the privacy of buyers to "
"avoid facilitating totalitarian control over the population."
msgstr ""
-"ポリシーで述べられているプライバシーよりも、技術的な手段で保障されたプライバシーに意義があります。特別な設定をせずにプライバシーを守る技術を使用せずに行う"
-"送金は、必要以上の個人的でプライベートなデータを晒しています。オンラインの刊行物に対して少額決済を行うときには特に、それがあてはまります。ですから、"
-"GNU Talerは、全体主義者が掌握したプライベートな情報をもとに人々の支配を進めることのないよう、買い手のプライバシーを守らなければならないのです。"
+"ポリシーで述べられているプライバシーよりも、技術的な手段で保障されたプライバ"
+"シーに意義があります。特別な設定をせずにプライバシーを守る技術を使用せずに行"
+"う送金は、必要以上の個人的でプライベートなデータを晒しています。オンラインの"
+"刊行物に対して少額決済を行うときには特に、それがあてはまります。ですから、"
+"GNU Talerは、全体主義者が掌握したプライベートな情報をもとに人々の支配を進める"
+"ことのないよう、買い手のプライバシーを守らなければならないのです。"
#: template/principles.html.j2:72
msgid ""
@@ -1302,14 +1324,17 @@ msgid ""
"to local laws. In this case, GNU Taler must enable deletion of such data as "
"soon as it is no longer required."
msgstr ""
-"物品を配達するのに必要な送り先住所などの限られたデータは、各国の法律に守られながらビジネスのニーズに合わせて集められる必要があるでしょう。GNU "
-"Talerは、こうした情報が不要になったらすぐに削除できる仕組みを作らなければなりません。"
+"物品を配達するのに必要な送り先住所などの限られたデータは、各国の法律に守られ"
+"ながらビジネスのニーズに合わせて集められる必要があるでしょう。GNU Talerは、こ"
+"うした情報が不要になったらすぐに削除できる仕組みを作らなければなりません。"
#: template/principles.html.j2:83
msgid ""
"3. Auditability - enable the state to tax income and crack down on illegal "
"business activities"
-msgstr "3. 監査できること - 自治体が収入に課税でき、違法ビジネスを取り締まることができます"
+msgstr ""
+"3. 監査できること - 自治体が収入に課税でき、違法ビジネスを取り締まることがで"
+"きます"
#: template/principles.html.j2:85
msgid "Money laundering"
@@ -1324,9 +1349,11 @@ msgid ""
"taxation requires income transparency. Thus, GNU Taler must enable "
"authorities to track income."
msgstr ""
-"送金システムが合法的に運営されるためには、各地域の法律を遵守していなければなりません。GNU Talerはこうした要件を満たす設計でなければなりません。"
-"GNU Talerは法に基づいた捜査に対し、監査証跡を提出しなければなりません。また、徴税は社会に恩恵をもたらし、公正な徴税には収入の透明性が欠かせないと"
-"の信条から、GNU Talerは当局が収入を把握できるようにしなければなりません。"
+"送金システムが合法的に運営されるためには、各地域の法律を遵守していなければな"
+"りません。GNU Talerはこうした要件を満たす設計でなければなりません。GNU Taler"
+"は法に基づいた捜査に対し、監査証跡を提出しなければなりません。また、徴税は社"
+"会に恩恵をもたらし、公正な徴税には収入の透明性が欠かせないとの信条から、GNU "
+"Talerは当局が収入を把握できるようにしなければなりません。"
#: template/principles.html.j2:102
msgid "4. Prevent payment fraud"
@@ -1345,9 +1372,12 @@ msgid ""
"extensive cryptographic evidence for all key processes to enable all parties "
"to precisely attribute bad behavior."
msgstr ""
-"GNU Talerはほとんどの送金詐欺の原因を軽減させなければなりません。我々は、わかりにくく誤解しやすいユーザーインターフェースを防止する第三者によるガ"
-"イドライン、他社に我々の公開プログラムコードを検査してもらうことなどにより、ソフトウェア設計のベストプラクティスに従わねばなりません。さらに、GNU "
-"Talerは、不正をしかけうるすべての重要なプロセスを強力な暗号化技術で守らなければなりません。"
+"GNU Talerはほとんどの送金詐欺の原因を軽減させなければなりません。我々は、わか"
+"りにくく誤解しやすいユーザーインターフェースを防止する第三者によるガイドライ"
+"ン、他社に我々の公開プログラムコードを検査してもらうことなどにより、ソフト"
+"ウェア設計のベストプラクティスに従わねばなりません。さらに、GNU Talerは、不正"
+"をしかけうるすべての重要なプロセスを強力な暗号化技術で守らなければなりませ"
+"ん。"
#: template/principles.html.j2:120
msgid "5. Collect the minimum information necessary"
@@ -1357,7 +1387,9 @@ msgstr "5.必要最小限の情報を収集"
msgid ""
"Privacy by design, privacy by default, General Data Protection Regulation "
"(GDPR) compliant"
-msgstr "設計段階から特別な設定なしでプライバシーを守る、 EU一般データ保護規則 (GDPR) に準拠"
+msgstr ""
+"設計段階から特別な設定なしでプライバシーを守る、 EU一般データ保護規則 (GDPR) "
+"に準拠"
#: template/principles.html.j2:123
msgid ""
@@ -1366,8 +1398,10 @@ msgid ""
"Generally, GNU Taler must collect the minimum information necessary: data "
"that is not collected or is no longer stored can not be compromised."
msgstr ""
-"買い手のプライバシーは原則(2)の一環として優先されています。しかし、マーチャントなど他の立場のユーザーのデータも守られなければなりません。通常、GNU "
-"Talerは必要最小限のデータを収集し、収集していないデータや保存してないデータは侵害されません。"
+"買い手のプライバシーは原則(2)の一環として優先されています。しかし、マーチャン"
+"トなど他の立場のユーザーのデータも守られなければなりません。通常、GNU Talerは"
+"必要最小限のデータを収集し、収集していないデータや保存してないデータは侵害さ"
+"れません。"
#: template/principles.html.j2:137
msgid "6. Be usable"
@@ -1388,12 +1422,15 @@ msgid ""
"well-documented Application Programming Interfaces (APIs) to allow "
"frictionless integrations between GNU Taler and other projects."
msgstr ""
-"GNU Taler は、GNU Taler ウォレットのエンドユーザーやGNU Talerで支払いを受け取りたいマーチャント、eコマースや他のプラットフォ"
-"ームのサードパーティーのアプリ開発者を含む、非専門家でも使えるものでなければなりません。GNU Talerは最善のユーザビリティーガイドラインに従わなけれ"
-"ばなりませんし、専門家とユーザーからのフィードバックを取り入れなければなりません。自由なオープンソースのフリーソフトウェアは、十分な説明を受けよく考えた上"
-"での選択ができるようドキュメントを用意しなければなりません。GNU "
-"Talerと他のプロジェクトがスムーズに結合するようなアプリケーションプログラミングインタフェース (APIs) を、GNU Taler "
-"は提供しなければなりません。"
+"GNU Taler は、GNU Taler ウォレットのエンドユーザーやGNU Talerで支払いを受け取"
+"りたいマーチャント、eコマースや他のプラットフォームのサードパーティーのアプリ"
+"開発者を含む、非専門家でも使えるものでなければなりません。GNU Talerは最善の"
+"ユーザビリティーガイドラインに従わなければなりませんし、専門家とユーザーから"
+"のフィードバックを取り入れなければなりません。自由なオープンソースのフリーソ"
+"フトウェアは、十分な説明を受けよく考えた上での選択ができるようドキュメントを"
+"用意しなければなりません。GNU Talerと他のプロジェクトがスムーズに結合するよう"
+"なアプリケーションプログラミングインタフェース (APIs) を、GNU Taler は提供し"
+"なければなりません。"
#: template/principles.html.j2:157
msgid "7. Be efficient"
@@ -1411,9 +1448,12 @@ msgid ""
"used for micropayments. Therefore certain expensive primitives, such as "
"proof-of-work, must not be used by GNU Taler."
msgstr ""
-"GNU Talerは効率のよい設計でなければなりません。言い換えると、効率のよさとは秒単位で少しでも多くの送金をこなし、エネルギーを節約して環境にやさしい"
-"ことなど、少しでも破壊するものを減らすということです。少額の支払いにもGNU Talerが普及するためにも、効率がよいことは重要です。 "
-"したがって、プルーフ・オブ・ワーク(PoW)のような負荷の高い不正防止技術はGNU Talerに使用されるべきではありません。"
+"GNU Talerは効率のよい設計でなければなりません。言い換えると、効率のよさとは秒"
+"単位で少しでも多くの送金をこなし、エネルギーを節約して環境にやさしいことな"
+"ど、少しでも破壊するものを減らすということです。少額の支払いにもGNU Talerが普"
+"及するためにも、効率がよいことは重要です。 したがって、プルーフ・オブ・ワーク"
+"(PoW)のような負荷の高い不正防止技術はGNU Talerに使用されるべきではありませ"
+"ん。"
#: template/principles.html.j2:173
msgid "8. Fault-tolerant design"
@@ -1433,10 +1473,14 @@ msgid ""
"must fail gracefully. GNU Taler must have a plan to recover from malicious "
"operators compromising core secrets."
msgstr ""
-"悪意あるオペレーター、不器用な人、コンピューターの不調、破壊的な人。うまくいかないことはあるものです。GNU Talerは各コンポーネントやシステムトラブ"
-"ルにも強くなければなりません。システムが安全に稼働できる条件下では、安全に稼働し続けます。システムを止めなければならないとき、連携するほかのオペレーション"
-"を意味もなくオフラインにすることがあってはなりません。システムが故障するときも、損害を最小限に食い止められるしくみでなければなりません。GNU "
-"Talerは大切な秘密を漏洩しようとする悪意あるオペレーターの攻撃から回復するプランをしっかりと練っていなければなりません。"
+"悪意あるオペレーター、不器用な人、コンピューターの不調、破壊的な人。うまくい"
+"かないことはあるものです。GNU Talerは各コンポーネントやシステムトラブルにも強"
+"くなければなりません。システムが安全に稼働できる条件下では、安全に稼働し続け"
+"ます。システムを止めなければならないとき、連携するほかのオペレーションを意味"
+"もなくオフラインにすることがあってはなりません。システムが故障するときも、損"
+"害を最小限に食い止められるしくみでなければなりません。GNU Talerは大切な秘密を"
+"漏洩しようとする悪意あるオペレーターの攻撃から回復するプランをしっかりと練っ"
+"ていなければなりません。"
#: template/principles.html.j2:194
msgid "9. Foster competition"
@@ -1451,20 +1495,12 @@ msgid ""
"It must be relatively easy for competitors to deploy interoperable "
"alternatives. The barriers for this in traditional financial systems are "
"rather high and outside of our control. However, GNU Taler must minimize the "
-"technical burden for new competitors to enter the market."
-msgstr ""
-
-#: template/principles.html.j2:204
-msgid ""
-"GNU Taler must enable a diverse set of operators, breaking up the current "
-"system where only a few global companies dominate the market."
-msgstr ""
-
-#: template/principles.html.j2:209
-msgid ""
-"An example for a design choice that supports this is to split the whole "
-"system into smaller components that can be operated, developed and improved "
-"upon independently, instead of having one completely monolithic system."
+"technical burden for new competitors to enter the market. GNU Taler must "
+"enable a diverse set of operators, breaking up the current system where only "
+"a few global companies dominate the market. An example for a design choice "
+"that supports this is to split the whole system into smaller components that "
+"can be operated, developed and improved upon independently, instead of "
+"having one completely monolithic system."
msgstr ""
#: template/schemafuzz.html.j2:6