summaryrefslogtreecommitdiff
path: root/locale/ja/LC_MESSAGES/messages.po
diff options
context:
space:
mode:
Diffstat (limited to 'locale/ja/LC_MESSAGES/messages.po')
-rw-r--r--locale/ja/LC_MESSAGES/messages.po425
1 files changed, 272 insertions, 153 deletions
diff --git a/locale/ja/LC_MESSAGES/messages.po b/locale/ja/LC_MESSAGES/messages.po
index 4a331a5..fd4057f 100644
--- a/locale/ja/LC_MESSAGES/messages.po
+++ b/locale/ja/LC_MESSAGES/messages.po
@@ -10,8 +10,8 @@ msgstr ""
"POT-Creation-Date: 2021-02-01 19:53+0100\n"
"PO-Revision-Date: 2021-02-27 20:12+0000\n"
"Last-Translator: Miyuki Komatsu <miykom@gmail.com>\n"
-"Language-Team: Japanese <http://weblate.taler.net/projects/gnu-taler/"
-"main-web-site/ja/>\n"
+"Language-Team: Japanese <http://weblate.taler.net/projects/gnu-taler/main-"
+"web-site/ja/>\n"
"Language: ja\n"
"MIME-Version: 1.0\n"
"Content-Type: text/plain; charset=UTF-8\n"
@@ -49,8 +49,8 @@ msgid ""
"GNU Taler is developed as part of the <a href='https://www.gnu.org/'>GNU "
"project</a> for the GNU operating system."
msgstr ""
-"GNU TalerはGNUオペレーティングシステム用 <a href='https://www.gnu.org/"
-"'>GNUプロジェクト</a>の一環として開発されました。"
+"GNU TalerはGNUオペレーティングシステム用 <a href='https://www.gnu.org/'>GNUプ"
+"ロジェクト</a>の一環として開発されました。"
#: common/footer.j2.inc:31 template/bibliography.html.j2:34
msgid "and"
@@ -60,15 +60,17 @@ msgstr "と"
msgid ""
"We are grateful for support and free hosting of this site by <a "
"href='https://www.bfh.ch/'>BFH</a>."
-msgstr "私達は、このサイト <a href='http://www.bfh.ch/'>BFH</a>によるサポートと貢献にとても感謝しています。"
+msgstr ""
+"私達は、このサイト <a href='http://www.bfh.ch/'>BFH</a>によるサポートと貢献に"
+"とても感謝しています。"
#: common/footer.j2.inc:36
msgid ""
"This page was created using <a href='https://www.gnu.org/'>Free Software</a> "
"only."
msgstr ""
-"このページは、自由なオープンソースの<a href='https://www.gnu.org/'>Free Software</a> "
-"のみを使用して作成されています。"
+"このページは、自由なオープンソースの<a href='https://www.gnu.org/'>Free "
+"Software</a> のみを使用して作成されています。"
#: common/footer.j2.inc:38
msgid "JavaScript license information"
@@ -82,7 +84,7 @@ msgstr "機能"
msgid "Principles"
msgstr "行動規範"
-#: common/navigation.j2.inc:26 news/index.html.j2:8 template/index.html.j2:55
+#: common/navigation.j2.inc:26 news/index.html.j2:8 template/index.html.j2:57
msgid "News"
msgstr "ニュース"
@@ -118,8 +120,10 @@ msgid ""
"cashier's bank account. Thus, it offers an equivalent functionality to what "
"you may find on the bank Web site when withdrawing from an account there."
msgstr ""
-"これはTalerキャッシャーアプリのページです。このアプリを使用して、Talerユーザーは電子キャッシュをキャッシャー銀行口座からおろすことができます。そ"
-"のため、当アプリの口座からお金をおろすとき、銀行のウェブサイトと同様の機能があります。"
+"これはTalerキャッシャーアプリのページです。このアプリを使用して、Talerユー"
+"ザーは電子キャッシュをキャッシャー銀行口座からおろすことができます。そのた"
+"め、当アプリの口座からお金をおろすとき、銀行のウェブサイトと同様の機能があり"
+"ます。"
#: template/cashier.html.j2:61 template/pos.html.j2:61
#: template/wallet.html.j2:239
@@ -140,7 +144,9 @@ msgstr "メーリングリスト"
#: template/contact.html.j2:15
msgid "An archived, public mailing list for GNU Taler is hosted at"
-msgstr "GNU Talerの保管・公開されているメーリングリストは以下でホスティングされています"
+msgstr ""
+"GNU Talerの保管・公開されているメーリングリストは以下でホスティングされていま"
+"す"
#: template/contact.html.j2:20
msgid "archive"
@@ -158,7 +164,9 @@ msgstr "個人に連絡する"
msgid ""
"Team members are generally reachable at <tt>LASTNAME@taler.net</tt>. All of "
"us support receiving GnuPG encrypted e-mails."
-msgstr "チームメンバーへのメールはこちら <tt>LASTNAME@taler.net</tt>。すべてGnuPGの暗号化メールに対応しています。"
+msgstr ""
+"チームメンバーへのメールはこちら <tt>LASTNAME@taler.net</tt>。すべてGnuPGの暗"
+"号化メールに対応しています。"
#: template/contact.html.j2:40
msgid "Chat"
@@ -169,7 +177,8 @@ msgid ""
"You can find some team members in the IRC channel <tt>#taler</tt> on <tt>irc."
"freenode.net</tt>."
msgstr ""
-"ハッシュタグ<tt>#taler</tt> で、IRCチャンネル <tt>irc.freenode.net</tt>のチームメンバーを探してください。"
+"ハッシュタグ<tt>#taler</tt> で、IRCチャンネル <tt>irc.freenode.net</tt>のチー"
+"ムメンバーを探してください。"
#: template/contact.html.j2:50
msgid "Reporting bugs"
@@ -187,7 +196,9 @@ msgstr "バグ追跡"
msgid ""
"which is shared with the GNUnet project. You can also report bugs or feature "
"requests to the mailing list."
-msgstr "GNUnet projectと共有されます。メーリングリストにバグ報告と機能追加リクエストをお送りいただけます。"
+msgstr ""
+"GNUnet projectと共有されます。メーリングリストにバグ報告と機能追加リクエスト"
+"をお送りいただけます。"
#: template/contact.html.j2:65
msgid "General inquiries"
@@ -197,7 +208,9 @@ msgstr "お問い合わせ"
msgid ""
"You can reach a group of team members handling general inquiries at "
"<tt>contact AT taler.net</tt>."
-msgstr "お問い合わせは <tt>contact AT taler.net</tt>のチームメンバーにお送りください。"
+msgstr ""
+"お問い合わせは <tt>contact AT taler.net</tt>のチームメンバーにお送りくださ"
+"い。"
#: template/contact.html.j2:75
msgid "Executive team"
@@ -207,7 +220,9 @@ msgstr "組織運営チーム"
msgid ""
"For non-technical commercial requests, please contact <tt>ceo AT taler.net</"
"tt>."
-msgstr "技術的でない、商業的なリクエストは <tt>ceo AT taler.net</tt>にお送りください。"
+msgstr ""
+"技術的でない、商業的なリクエストは <tt>ceo AT taler.net</tt>にお送りくださ"
+"い。"
#: template/copyright.html.j2:6
msgid "Copyright Assignment"
@@ -221,11 +236,11 @@ msgid ""
"\">GNUnet e.V. --- Taler Systems SA agreement on licensing and collaborative "
"development</a> of the GNUnet and GNU Taler projects is satisfied."
msgstr ""
-"GNU Talerプロジェクト参加者でGitアクセス権のある方は <a href=\"/pdf/copyright.pdf\">著作権譲渡書</"
-"a>に署名して <a href=\"https://git.gnunet.org/gnunet-ev.git/tree/"
-"gnunet_taler_agreement.tex\">GNUnet e.V. --- Taler Systems SA agreement on "
-"licensing and collaborative development</a> GNUnetとGNU "
-"Talerプロジェクトの要件を満たさなければなりません。"
+"GNU Talerプロジェクト参加者でGitアクセス権のある方は <a href=\"/pdf/"
+"copyright.pdf\">著作権譲渡書</a>に署名して <a href=\"https://git.gnunet.org/"
+"gnunet-ev.git/tree/gnunet_taler_agreement.tex\">GNUnet e.V. --- Taler "
+"Systems SA agreement on licensing and collaborative development</a> GNUnetと"
+"GNU Talerプロジェクトの要件を満たさなければなりません。"
#: template/copyright.html.j2:19
msgid ""
@@ -235,9 +250,10 @@ msgid ""
"the ability to dual-license (for example, so that we can distribute via App-"
"stores that are hostile to free software)."
msgstr ""
-"アプリの利用許諾により、オープンソースの自由なfree softwareのライセンスそしてプログラムのコードの公開が可能になり、"
-"開発者はGNUnetとGNU Talerの両方の許諾を得なくても双方でプログラムのコードを使うことができます。(例えば、こうすることにより、free "
-"softwareに好意的でないアプリストアを通じて配布できます。)"
+"アプリの利用許諾により、オープンソースの自由なfree softwareのライセンスそして"
+"プログラムのコードの公開が可能になり、開発者はGNUnetとGNU Talerの両方の許諾を"
+"得なくても双方でプログラムのコードを使うことができます。(例えば、こうするこ"
+"とにより、free softwareに好意的でないアプリストアを通じて配布できます。)"
#: template/copyright.html.j2:29
msgid ""
@@ -246,8 +262,9 @@ msgid ""
"simply sign the agreement with your pseudonym. Scanned copies are "
"sufficient, but snail mail is preferred."
msgstr ""
-"Gitアクセス権のない方のご協力については、著作権譲渡書は不要です。偽名でご協力いただくことも可能ですが、著作権譲渡書のも同じ偽名で署名してください。スキ"
-"ャンしたコピーで構いませんが、郵送でお送りください。"
+"Gitアクセス権のない方のご協力については、著作権譲渡書は不要です。偽名でご協力"
+"いただくことも可能ですが、著作権譲渡書のも同じ偽名で署名してください。スキャ"
+"ンしたコピーで構いませんが、郵送でお送りください。"
#: template/docs.html.j2:7
msgid "GNU Taler: Documentation and Resources"
@@ -259,8 +276,8 @@ msgid ""
"full documentation contents can be found <a href=\"https://docs.taler.net/"
"\">here</a>."
msgstr ""
-"これがGNU Talerのドキュメント及びリソースの概要ですが、ドキュメントの全ての内容は <a href=\"https://docs.taler."
-"net/\">こちら</a>でご覧いただけます。"
+"これがGNU Talerのドキュメント及びリソースの概要ですが、ドキュメントの全ての内"
+"容は <a href=\"https://docs.taler.net/\">こちら</a>でご覧いただけます。"
#: template/docs.html.j2:27
msgid "Components"
@@ -276,8 +293,8 @@ msgid ""
"Tutorial and manual for operating a merchant. Also available as <a href="
"\"https://%(docshost)s/pdf/taler-merchant-manual.pdf\">PDF</a>."
msgstr ""
-"マーチャント運用のチュートリアル及びマニュアルの<a href=\"https://%(docshost)s/pdf/taler-merchant-"
-"manual.pdf\">PDF</a>はこちら 。"
+"マーチャント運用のチュートリアル及びマニュアルの<a href=\"https://"
+"%(docshost)s/pdf/taler-merchant-manual.pdf\">PDF</a>はこちら 。"
#: template/docs.html.j2:49
msgid "Merchant API Tutorial"
@@ -319,8 +336,9 @@ msgid ""
"download pre-packaged binaries from <a href=\"wallet.html\">the Taler wallet "
"Web site</a>."
msgstr ""
-"GNU Talerウォレットに関するマニュアル (WebExtensions, Android, CLI)。 <a href=\"wallet."
-"html\">GNU Talerウォレットのウェブサイト</a>から、バイナリーパッケージをダウンロードすることができます。"
+"GNU Talerウォレットに関するマニュアル (WebExtensions, Android, CLI)。 <a "
+"href=\"wallet.html\">GNU Talerウォレットのウェブサイト</a>から、バイナリー"
+"パッケージをダウンロードすることができます。"
#: template/docs.html.j2:94
msgid "Back office"
@@ -433,8 +451,10 @@ msgid ""
"is based on blind signatures. However, it is theoretically possible to "
"combine Taler with peer-to-peer crypto-currencies like Bitcoin."
msgstr ""
-"GNU Talerはブロックチェーン技術を必要としないばかりか、プルーフオブワークやその他の取引検証方式も使用しません。ブラインド署名方式をとっています。"
-"しかしながら、理論上はGNU Talerをビットコインのようなピアツーピアの仮想通貨と統合することが可能です。"
+"GNU Talerはブロックチェーン技術を必要としないばかりか、プルーフオブワークやそ"
+"の他の取引検証方式も使用しません。ブラインド署名方式をとっています。しかしな"
+"がら、理論上はGNU Talerをビットコインのようなピアツーピアの仮想通貨と統合する"
+"ことが可能です。"
#: template/faq.html.j2:18
msgid ""
@@ -442,8 +462,9 @@ msgid ""
"a Taler wallet (with an appropriate exchange), which would give some "
"benefits over plain Bitcoin, such as instant confirmation times."
msgstr ""
-"しかしながら、ビットコイン建てのコインをGNU "
-"Talerウォレットに引き出すことは可能で(適正な為替を通した場合)、この場合、ビットコインの取引で即確認が取れるといった便利な機能が利用できます。"
+"しかしながら、ビットコイン建てのコインをGNU Talerウォレットに引き出すことは可"
+"能で(適正な為替を通した場合)、この場合、ビットコインの取引で即確認が取れる"
+"といった便利な機能が利用できます。"
#: template/faq.html.j2:26
msgid "Where is the balance in my wallet stored?"
@@ -455,8 +476,9 @@ msgid ""
"your balance. The exchange keeps funds matching all unspent coins in an "
"escrow bank account."
msgstr ""
-"デジタルコインはウォレット内にあるので残高は詰まるところコンピュータ内に保存されていることになります。取引所はエスクローアカウントにある、利用されていない"
-"全てのコインに相当する資金を備えています。"
+"デジタルコインはウォレット内にあるので残高は詰まるところコンピュータ内に保存"
+"されていることになります。取引所はエスクローアカウントにある、利用されていな"
+"い全てのコインに相当する資金を備えています。"
#: template/faq.html.j2:35
msgid "What if my wallet is lost?"
@@ -468,14 +490,17 @@ msgid ""
"can not assist you in recovering a lost or stolen wallet. Just like with a "
"physical wallet for cash, you are responsible for keeping it safe."
msgstr ""
-"ウォレット内にあるデジタルコインは持ち主が特定できないため、ウォレットの紛失や盗難に関して、取引所はサポートすることができません。そのため、現金を入れてい"
-"る実際の財布と同じく、責任をもって安全に保管しておく必要があります。"
+"ウォレット内にあるデジタルコインは持ち主が特定できないため、ウォレットの紛失"
+"や盗難に関して、取引所はサポートすることができません。そのため、現金を入れて"
+"いる実際の財布と同じく、責任をもって安全に保管しておく必要があります。"
#: template/faq.html.j2:46
msgid ""
"The risk of losing a wallet can be mitigated by making backups or keeping "
"the balance reasonably low."
-msgstr "バックアップを取っておくことや残高を低めにしておくことで、ウォレットの紛失リスクを軽減することができるでしょう。"
+msgstr ""
+"バックアップを取っておくことや残高を低めにしておくことで、ウォレットの紛失リ"
+"スクを軽減することができるでしょう。"
#: template/faq.html.j2:52
msgid "What if my computer is hacked?"
@@ -486,7 +511,9 @@ msgid ""
"In case of a compromise of one of your devices, an attacker can spend coins "
"from your wallet. Checking your balance might reveal to you that your device "
"has been compromised."
-msgstr "ハッカーがあなたのデバイスに侵入した場合、ウォレットからコインを使うことができます。残高を確認することでデバイスに侵入されたことがわかります。"
+msgstr ""
+"ハッカーがあなたのデバイスに侵入した場合、ウォレットからコインを使うことがで"
+"きます。残高を確認することでデバイスに侵入されたことがわかります。"
#: template/faq.html.j2:61
msgid "Can I send money to my friend with Taler?"
@@ -498,14 +525,17 @@ msgid ""
"they can easily set up a Taler merchant and receive the payment in their "
"bank account."
msgstr ""
-"ご友人があなたの支払いの対価として商品やサービスを提供する場合、GNU "
-"Talerマーチャントを簡単に設定することでそのご友人の銀行口座で支払いを受け取ることができるようになります。"
+"ご友人があなたの支払いの対価として商品やサービスを提供する場合、GNU Talerマー"
+"チャントを簡単に設定することでそのご友人の銀行口座で支払いを受け取ることがで"
+"きるようになります。"
#: template/faq.html.j2:70
msgid ""
"Future versions of the Taler wallet may allow exchanging coins among friends "
"directly as well."
-msgstr "GNU Talerウォレットの将来的な形として、友人間で直にコインを交換することができるようになるでしょう。"
+msgstr ""
+"GNU Talerウォレットの将来的な形として、友人間で直にコインを交換することができ"
+"るようになるでしょう。"
#: template/faq.html.j2:76
msgid "How does Taler handle payments in different currencies?"
@@ -515,7 +545,9 @@ msgstr "GNU Talerは異なる通貨での支払いをどのように処理しま
msgid ""
"Taler wallets can store digital coins corresponding to multiple different "
"currencies such as the Euro, US Dollars or Bitcoins."
-msgstr "GNUTalerウォレットはユーロ、米ドル、ビットコインといった複数の異なる通貨に対応するデジタルコインを持っています。"
+msgstr ""
+"GNUTalerウォレットはユーロ、米ドル、ビットコインといった複数の異なる通貨に対"
+"応するデジタルコインを持っています。"
#: template/faq.html.j2:84
msgid "Taler currently does not offer conversion between currencies."
@@ -532,9 +564,10 @@ msgid ""
"signature protects your privacy as it prevents the exchange from knowing "
"which coin it signed for which customer."
msgstr ""
-"ウォレットには取引所が<a href=\"https://en.wikipedia.org/wiki/Blind_signature\">ブラインド署名<"
-"/a>したデジタルコインがあります。ブラインド署名方式を使うことでプライバシーが保護され、取引所は署名したコインのどれがどの顧客のものかはわからない仕組み"
-"になっています。"
+"ウォレットには取引所が<a href=\"https://en.wikipedia.org/wiki/Blind_signature"
+"\">ブラインド署名</a>したデジタルコインがあります。ブラインド署名方式を使うこ"
+"とでプライバシーが保護され、取引所は署名したコインのどれがどの顧客のものかは"
+"わからない仕組みになっています。"
#: template/faq.html.j2:101
msgid "How much does it cost?"
@@ -552,10 +585,14 @@ msgid ""
"estimate, details may depend on hosting and backup requirements from the "
"regulator and could thus easily be 10x higher."
msgstr ""
-"GNU Talerは各取引所に対してその取引所独自の料金体系を設定することを可能にしており、オペレーターはコインの引き出し、お預かり、再読み込み、返金に関"
-"して手数料を設定できる仕組みになっています。加えて、準備金の締めやマーチャントへの電子送金の手数料もチャージできます。マーチャント側が顧客側の手数料の一部"
-"を負担することもあり得ます。実際の取引コストはおよそ0.001セント/取引だと思われます(高取引レートで、数十億の取引を償却した場合で、移送コストは除く)"
-"。これは早期段階での見積もりのため、詳細は監督当局による運用やバックアップに関する規則に因ります。取引コストが十倍となっていることも容易に起こり得ます。"
+"GNU Talerは各取引所に対してその取引所独自の料金体系を設定することを可能にして"
+"おり、オペレーターはコインの引き出し、お預かり、再読み込み、返金に関して手数"
+"料を設定できる仕組みになっています。加えて、準備金の締めやマーチャントへの電"
+"子送金の手数料もチャージできます。マーチャント側が顧客側の手数料の一部を負担"
+"することもあり得ます。実際の取引コストはおよそ0.001セント/取引だと思われます"
+"(高取引レートで、数十億の取引を償却した場合で、移送コストは除く)。これは早"
+"期段階での見積もりのため、詳細は監督当局による運用やバックアップに関する規則"
+"に因ります。取引コストが十倍となっていることも容易に起こり得ます。"
#: template/faq.html.j2:117
msgid "Does Taler work with international payments?"
@@ -571,9 +608,11 @@ msgid ""
"payments, so we have no plans to support currency conversion in the near "
"future."
msgstr ""
-"GNU Talerウォレットは複数の通貨に対応していますが、現在のところ通貨間の変換にはシステムが対応していません。しかし、原則としては、ある通貨で預かり"
-"違う通貨で引き出すことができます。しかし、このケースに関しては監督当局のハードルが特に複雑な傾向です。GNU "
-"Talerとしては日々の支払いに注力しており、当面は通貨間の変換には対応しない予定です。"
+"GNU Talerウォレットは複数の通貨に対応していますが、現在のところ通貨間の変換に"
+"はシステムが対応していません。しかし、原則としては、ある通貨で預かり違う通貨"
+"で引き出すことができます。しかし、このケースに関しては監督当局のハードルが特"
+"に複雑な傾向です。GNU Talerとしては日々の支払いに注力しており、当面は通貨間の"
+"変換には対応しない予定です。"
#: template/faq.html.j2:130
msgid "How does Taler relate to the (European) Electronic Money Directive?"
@@ -584,13 +623,17 @@ msgid ""
"We believe the European Electronic Money Directive provides part of the "
"regulatory framework a Taler exchange with coins denominated in Euros would "
"have to follow."
-msgstr "欧州電子マネー指令はユーロ建てコインを取り扱うGNU Taler取引所が則るべき規制枠組みの一部を規定していると思われます。"
+msgstr ""
+"欧州電子マネー指令はユーロ建てコインを取り扱うGNU Taler取引所が則るべき規制枠"
+"組みの一部を規定していると思われます。"
#: template/faq.html.j2:139
msgid ""
"What bank would guarantee the conversion between Taler coins and bank money "
"in regular bank accounts?"
-msgstr "GNUコインと通常の銀行口座にある資金間の変換を銀行はどうやって保証しているのでしょうか?"
+msgstr ""
+"GNUコインと通常の銀行口座にある資金間の変換を銀行はどうやって保証しているので"
+"しょうか?"
#: template/faq.html.j2:141
msgid ""
@@ -601,9 +644,11 @@ msgid ""
"establishing a reason why consumers would have faith in the conversion from "
"Taler coins into regular bank money."
msgstr ""
-"取引所は銀行あるいは銀行の協力のもとにオペレーションを行っており、銀行は資金をエスクローの形で保有しています。この場合、同銀行とは通常の銀行もしくは電子通"
-"貨を主として取り扱う中央銀行となります。それでも、顧客がGNU "
-"Talerコインから通常の銀行資金へ変換する場合、その理由を確認することが各銀行の規定となっています。"
+"取引所は銀行あるいは銀行の協力のもとにオペレーションを行っており、銀行は資金"
+"をエスクローの形で保有しています。この場合、同銀行とは通常の銀行もしくは電子"
+"通貨を主として取り扱う中央銀行となります。それでも、顧客がGNU Talerコインから"
+"通常の銀行資金へ変換する場合、その理由を確認することが各銀行の規定となってい"
+"ます。"
#: template/faq.html.j2:150
msgid ""
@@ -619,8 +664,10 @@ msgid ""
"of issues. The auditors are expected to make their reports available to the "
"respective regulatory authorities, or even the general public."
msgstr ""
-"各取引所は一つ以上の独立した監査団体により監査を受ける必要があります。マーチャントと顧客のウォレットは自動的に監査側に問題を報告することになりますが、監査"
-"側は手動による問題報告の提出方法を示してもよいです。監査側は同報告書をそれぞれの監督当局もしくは公衆の閲覧に供することになっています。"
+"各取引所は一つ以上の独立した監査団体により監査を受ける必要があります。マー"
+"チャントと顧客のウォレットは自動的に監査側に問題を報告することになりますが、"
+"監査側は手動による問題報告の提出方法を示してもよいです。監査側は同報告書をそ"
+"れぞれの監督当局もしくは公衆の閲覧に供することになっています。"
#: template/faq.html.j2:161
msgid "Are there any projects already using Taler?"
@@ -635,9 +682,11 @@ msgid ""
"be premature given the state of the project (see also <a href=\"https://"
"gnunet.org/bugs/\">our bugtracker</a> for a list of open issues)."
msgstr ""
-"試験的に取り組んでいたりプロトタイプを開発している企業が数社あるほか、中央銀行も含め通常の銀行数社と検討している段階です。そのため、現時点では商品が世に出"
-"ているわけではなく、プロジェクトの状況を加味すると未だ時期尚早だと言えるでしょう(未決課題リストに関しては<a href=\"https://gnunet"
-".org/bugs/\">バグ管理システム</a> も併せて参照ください)。"
+"試験的に取り組んでいたりプロトタイプを開発している企業が数社あるほか、中央銀"
+"行も含め通常の銀行数社と検討している段階です。そのため、現時点では商品が世に"
+"出ているわけではなく、プロジェクトの状況を加味すると未だ時期尚早だと言えるで"
+"しょう(未決課題リストに関しては<a href=\"https://gnunet.org/bugs/\">バグ管理"
+"システム</a> も併せて参照ください)。"
#: template/faq.html.j2:174
msgid "Does Taler support recurring payments?"
@@ -659,12 +708,18 @@ msgid ""
"version of the Taler wallet will likely support them. But this is not a "
"feature that we are targeting for Taler 1.0. at this time."
msgstr ""
-"今現在では自動引き落としには対応していません。一定の金額が定期的に支払われる自動引き落としによる支払いは理論的にはGNU Talerで可能ですが、幾つか注"
-"意が必要です。具体的に言うと、自動引き落としが可能なのはGNUウォレットが希望する時間にオンラインで有効となっている時のみとなります。さらに言うと、繰り返"
-"し行われるという性質を加味するとリンク可能となり、それにより自動引き落としを設定している利用者を特定するのに使われることも起こりえます。例えば、利用者を支"
-"払い時間に強制的にオフラインにすることでその時間に引き落としが実施されない事態が起こり、結局、GNU Talerウォレットが運用されず、決済が行われなかっ"
-"たことで、利用者としては自動引き落としのために十分な残高を保有しておく必要がでてきます。それでも、使いやすさの点では将来的には自動引き落としにも対応できる"
-"ようになると思われます。しかし、これは現時点でGNU Taler1.0が目指しているところではありません。"
+"今現在では自動引き落としには対応していません。一定の金額が定期的に支払われる"
+"自動引き落としによる支払いは理論的にはGNU Talerで可能ですが、幾つか注意が必要"
+"です。具体的に言うと、自動引き落としが可能なのはGNUウォレットが希望する時間に"
+"オンラインで有効となっている時のみとなります。さらに言うと、繰り返し行われる"
+"という性質を加味するとリンク可能となり、それにより自動引き落としを設定してい"
+"る利用者を特定するのに使われることも起こりえます。例えば、利用者を支払い時間"
+"に強制的にオフラインにすることでその時間に引き落としが実施されない事態が起こ"
+"り、結局、GNU Talerウォレットが運用されず、決済が行われなかったことで、利用者"
+"としては自動引き落としのために十分な残高を保有しておく必要がでてきます。それ"
+"でも、使いやすさの点では将来的には自動引き落としにも対応できるようになると思"
+"われます。しかし、これは現時点でGNU Taler1.0が目指しているところではありませ"
+"ん。"
#: template/features.html.j2:7
msgid "GNU Taler: Features"
@@ -677,9 +732,10 @@ msgid ""
"through payments with GNU Taler. This helps to <span class=\"tlr\">avoid tax "
"evasion and money laundering</span>."
msgstr ""
-"GNU Talerとは <span class=\"tlr\">プライバシーが保護された</span> 支払い決済システムです。"
-"顧客側は匿名で利用できますがマーチャント側はGNU Talerでの支払いによる収益を隠すことはできないため、<span class=\"tlr\""
-">脱税やマネーローンダリングを回避するのに役立ちます</span>。"
+"GNU Talerとは <span class=\"tlr\">プライバシーが保護された</span> 支払い決済"
+"システムです。顧客側は匿名で利用できますがマーチャント側はGNU Talerでの支払い"
+"による収益を隠すことはできないため、<span class=\"tlr\">脱税やマネーローンダ"
+"リングを回避するのに役立ちます</span>。"
#: template/features.html.j2:23
msgid ""
@@ -687,8 +743,9 @@ msgid ""
"is <span class=\"tlr\">not meant as a store</span> of value. Payments are "
"always backed by an existing currency."
msgstr ""
-"GNU Talerの主な利用は <span class=\"tlr\">支払い決済</span>で、<span class=\"tlr\""
-">資金を保存しておく</span>ことではありません。支払いは常時既存の通貨でサポートされています。"
+"GNU Talerの主な利用は <span class=\"tlr\">支払い決済</span>で、<span class="
+"\"tlr\">資金を保存しておく</span>ことではありません。支払いは常時既存の通貨で"
+"サポートされています。"
#: template/features.html.j2:32
msgid ""
@@ -696,8 +753,9 @@ msgid ""
"into <em>electronic money</em> with the help of an Exchange service, that "
"is, a payment service provider for Taler."
msgstr ""
-"GNU通貨の支払いサービスプロバイダーである取引所のサポートを受けて、<span class=\"tlr\">実際のお金</span> "
-"を<em>電子マネー</em>に変換した後に支払いが実施されます。"
+"GNU通貨の支払いサービスプロバイダーである取引所のサポートを受けて、<span "
+"class=\"tlr\">実際のお金</span> を<em>電子マネー</em>に変換した後に支払いが実"
+"施されます。"
#: template/features.html.j2:41
msgid ""
@@ -705,8 +763,9 @@ msgid ""
"accept payments <span class=\"tlr\">without making their customers register</"
"span> on the merchant&#39;s Website."
msgstr ""
-"支払いをする場合、顧客側はチャージされているウォレットを用意するだけです。マーチャント側は <span class=\"tlr\""
-">顧客にマーチャントのウェブサイトに登録してもらわなくても</span> 支払いを受け取ることができます。"
+"支払いをする場合、顧客側はチャージされているウォレットを用意するだけです。"
+"マーチャント側は <span class=\"tlr\">顧客にマーチャントのウェブサイトに登録し"
+"てもらわなくても</span> 支払いを受け取ることができます。"
#: template/features.html.j2:50
msgid ""
@@ -715,8 +774,9 @@ msgid ""
"loss or theft, only the limited amount of money left in the wallet might be "
"gone."
msgstr ""
-"GNU Talerにはクレジットカード情報フィッシングやチャージバック不正といった<span class=\"tlr\""
-">多くの不正に強いという特徴があります</span>。紛失や盗難の場合、ウォレット内のほんの限られた資金が失われるにすぎません。"
+"GNU Talerにはクレジットカード情報フィッシングやチャージバック不正といった"
+"<span class=\"tlr\">多くの不正に強いという特徴があります</span>。紛失や盗難の"
+"場合、ウォレット内のほんの限られた資金が失われるにすぎません。"
#: template/features.html.j2:69
msgid "Paying with Taler"
@@ -728,8 +788,9 @@ msgid ""
"Before the first payment, the desired currency must be added to the "
"wallet&#39;s balance by some other means of payment."
msgstr ""
-"GNU Talerで支払うにあたり、顧客はデバイスに電子ウォレットをインストールする必要があります。そして、最初の支払い決済を実施する前に、希望する通貨を"
-"その他の支払い方法からウォレット内に追加します。"
+"GNU Talerで支払うにあたり、顧客はデバイスに電子ウォレットをインストールする必"
+"要があります。そして、最初の支払い決済を実施する前に、希望する通貨をその他の"
+"支払い方法からウォレット内に追加します。"
#: template/features.html.j2:79
msgid ""
@@ -737,8 +798,9 @@ msgid ""
"never falsely rejected by fraud detection and do not pose any risk of "
"phishing or identity theft."
msgstr ""
-"ウォレットに課金したら、ウェブサイト上でワンクリックで支払いが可能、不正探知で誤って支払いが拒否されたりフィッシングや個人情報の盗難といったリスクに遭うこ"
-"ともありません。"
+"ウォレットに課金したら、ウェブサイト上でワンクリックで支払いが可能、不正探知"
+"で誤って支払いが拒否されたりフィッシングや個人情報の盗難といったリスクに遭う"
+"こともありません。"
#: template/features.html.j2:87
msgid "Try it yourself with the interactive demo!"
@@ -756,19 +818,25 @@ msgid ""
"transaction processing can run on the merchant&#39;s premises or be hosted "
"by a third party."
msgstr ""
-"マーチャント側は、GNU Talerによる支払いを受け取るにあたり、受け取りたい通貨で銀行口座を用意する必要があります。弊社が提供する様々なプログラミング"
-"言語のソフトウェアを使えば容易に統合できます。マーチャントが主導するGNU "
-"Taler取引のプロセスはマーチャントのでサイトで実施される場合と第三者により実施される場合とがあります。"
+"マーチャント側は、GNU Talerによる支払いを受け取るにあたり、受け取りたい通貨で"
+"銀行口座を用意する必要があります。弊社が提供する様々なプログラミング言語のソ"
+"フトウェアを使えば容易に統合できます。マーチャントが主導するGNU Taler取引のプ"
+"ロセスはマーチャントのでサイトで実施される場合と第三者により実施される場合と"
+"があります。"
#: template/features.html.j2:105
msgid ""
"Merchant integration is simple, and customers can pay for products without "
"even having to register an account."
-msgstr "顧客はマーチャントにアカウントを登録することなく、簡単に商品の対価を支払うことができます。"
+msgstr ""
+"顧客はマーチャントにアカウントを登録することなく、簡単に商品の対価を支払うこ"
+"とができます。"
#: template/features.html.j2:112
msgid "See how merchant integration works in our developer documentation!"
-msgstr "弊社のディベロッパードキュメンテーションでマーチャント側の統合がどう行われるかご覧ください!"
+msgstr ""
+"弊社のディベロッパードキュメンテーションでマーチャント側の統合がどう行われる"
+"かご覧ください!"
#: template/features.html.j2:127
msgid "Practical"
@@ -780,8 +848,8 @@ msgid ""
"cryptographically secured and are confirmed within milliseconds with "
"extremely low transaction costs."
msgstr ""
-"GNU "
-"Talerは既存のウェブアプリと簡単に連携できます。支払いは暗号処理で安全が確保されており、1000分の1秒単位で非常に低い取引コストで実行されます。"
+"GNU Talerは既存のウェブアプリと簡単に連携できます。支払いは暗号処理で安全が確"
+"保されており、1000分の1秒単位で非常に低い取引コストで実行されます。"
#: template/features.html.j2:140
msgid "Stable"
@@ -794,8 +862,10 @@ msgid ""
"currencies. Thus, Taler&#39;s cryptographic coins correspond to existing "
"currencies, such as US Dollars, Euros or even Bitcoins."
msgstr ""
-"GNU Talerは新しい通貨を採用せず、コインを保管するデジタルウォレットを使い、既存通貨のエクスロー口座で決済サービスを行うプロバイダーを採用していま"
-"す。そのため、GNU Takerの暗号コインは米ドルやユーロといった既存の通貨に対応しています。また、ビットコインにも対応しています。"
+"GNU Talerは新しい通貨を採用せず、コインを保管するデジタルウォレットを使い、既"
+"存通貨のエクスロー口座で決済サービスを行うプロバイダーを採用しています。その"
+"ため、GNU Takerの暗号コインは米ドルやユーロといった既存の通貨に対応していま"
+"す。また、ビットコインにも対応しています。"
#: template/features.html.j2:154 template/governments.html.j2:55
msgid "Secure"
@@ -807,8 +877,9 @@ msgid ""
"as phishing or counterfeit. Thanks to its security features, Taler never "
"rejects a legitimate customer due to a fraud-detection false positive."
msgstr ""
-"GNU Talerを設定するにあたりフィッシングや偽造といった様々な種類の安全上の問題に悩まされることはありません。GNU "
-"Talerの安全上の特徴として、適正な顧客が不正探知による誤検知によって拒否されるようなことは起こりません。"
+"GNU Talerを設定するにあたりフィッシングや偽造といった様々な種類の安全上の問題"
+"に悩まされることはありません。GNU Talerの安全上の特徴として、適正な顧客が不正"
+"探知による誤検知によって拒否されるようなことは起こりません。"
#: template/features.html.j2:169 template/governments.html.j2:25
msgid "Taxable"
@@ -820,8 +891,9 @@ msgid ""
"authorities. Unlike cash and most digital currencies, Taler helps prevent "
"black markets. Taler is not suitable for illegal activities."
msgstr ""
-"GNU Talerを使用すると、マーチャントの収益は税務当局側に明白になります。そのため、現金や大半のデジタル通貨のようにブラック市場に巻き込まれることは"
-"ありません。GNU Talerは不正行為にはそぐわない仕組みになっています。"
+"GNU Talerを使用すると、マーチャントの収益は税務当局側に明白になります。そのた"
+"め、現金や大半のデジタル通貨のようにブラック市場に巻き込まれることはありませ"
+"ん。GNU Talerは不正行為にはそぐわない仕組みになっています。"
#: template/features.html.j2:182
msgid "Private"
@@ -833,8 +905,9 @@ msgid ""
"like payments in cash, nobody else can track how you spent your electronic "
"money. However, you obtain a legally valid proof of payment."
msgstr ""
-"GNU Talerで支払う場合、身元を明かす必要はなく、現金での支払いと全く同様で電子マネーをどう使っているかを誰も追跡することはできません。それでも法律"
-"上正当な支払い証明を取得できます。"
+"GNU Talerで支払う場合、身元を明かす必要はなく、現金での支払いと全く同様で電子"
+"マネーをどう使っているかを誰も追跡することはできません。それでも法律上正当な"
+"支払い証明を取得できます。"
#: template/features.html.j2:195 template/governments.html.j2:85
msgid "Libre"
@@ -846,8 +919,9 @@ msgid ""
"enables anybody to run their own payment infrastructure, be it individuals, "
"organizations or whole countries. Since the reference implementation is a"
msgstr ""
-"GNU Talerは原則として、個人、組織、国家という単位でも、誰もが自分の支払いインフラストラクチャーを運営できるよう、プロトコルとリファレンス実装を供"
-"給します。リファレンス実装は"
+"GNU Talerは原則として、個人、組織、国家という単位でも、誰もが自分の支払いイン"
+"フラストラクチャーを運営できるよう、プロトコルとリファレンス実装を供給しま"
+"す。リファレンス実装は"
#: template/features.html.j2:205
msgid "package, it will always remain free software."
@@ -861,7 +935,9 @@ msgstr "経済記事"
msgid ""
"This page explains (only in English) how Taler can change ongoing "
"developments in the financial industry."
-msgstr "GNU Talerがいかにして金融業界を変革し続けるかを、このページでご説明します(英語のみ)。"
+msgstr ""
+"GNU Talerがいかにして金融業界を変革し続けるかを、このページでご説明します(英"
+"語のみ)。"
#: template/governments.html.j2:6
msgid "Advantages for Governments"
@@ -875,9 +951,11 @@ msgid ""
"financial framework and act as trusted regulators. Taler contributes to "
"digital sovereignty in the critical financial infrastructure."
msgstr ""
-"GNU Talerはビジネスが合法的に運営されていることを明解にすると同時に、市民の人権を尊重します。GNUTalerとはオープンスタンダードとフリーソフ"
-"トウェアに基づいた決済システムで、経済的フレームワークを設定し、信頼できる監視官としての役割を果たす政府を必要とします。GNU "
-"Talerは重要な経済的基盤にデジタルが主権をもつことに貢献します。"
+"GNU Talerはビジネスが合法的に運営されていることを明解にすると同時に、市民の人"
+"権を尊重します。GNUTalerとはオープンスタンダードとフリーソフトウェアに基づい"
+"た決済システムで、経済的フレームワークを設定し、信頼できる監視官としての役割"
+"を果たす政府を必要とします。GNU Talerは重要な経済的基盤にデジタルが主権をもつ"
+"ことに貢献します。"
#: template/governments.html.j2:27
msgid ""
@@ -888,8 +966,10 @@ msgid ""
"data to tax businesses and individuals based on their income, making tax "
"evasion and black markets less viable."
msgstr ""
-"GNU Talerは腐敗と戦い、課税をスムースにするために設計されました。GNU Talerは、どんな形でも支払いを受け取る人を政府が簡単に特定でき、マー"
-"チャントは顧客との契約合意内容を明らかにしなければなりません。マーチャントの収入を政府が把握しやすくなり、脱税やブラックマーケットの阻止に貢献します。"
+"GNU Talerは腐敗と戦い、課税をスムースにするために設計されました。GNU Taler"
+"は、どんな形でも支払いを受け取る人を政府が簡単に特定でき、マーチャントは顧客"
+"との契約合意内容を明らかにしなければなりません。マーチャントの収入を政府が把"
+"握しやすくなり、脱税やブラックマーケットの阻止に貢献します。"
#: template/governments.html.j2:40
msgid ""
@@ -902,9 +982,11 @@ msgid ""
"funds with trusted friends and family, or synchronizing wallets across "
"multiple devices."
msgstr ""
-"そのため、市民が商品やサービスを購入するとき匿名性が守られると同時に、GNU Talerは州が入金を把握しやすくします。合法的なビジネス活動を守り、所得税"
-"や消費税、付加価値税などが正しく収められるしくみですが、個人的な領域までモニターすることはありません。特に、信頼関係のある友達や家族間の送金や、複数のデバ"
-"イス間で同期した場合などはモニターの対象とはなりません。"
+"そのため、市民が商品やサービスを購入するとき匿名性が守られると同時に、GNU "
+"Talerは州が入金を把握しやすくします。合法的なビジネス活動を守り、所得税や消費"
+"税、付加価値税などが正しく収められるしくみですが、個人的な領域までモニターす"
+"ることはありません。特に、信頼関係のある友達や家族間の送金や、複数のデバイス"
+"間で同期した場合などはモニターの対象とはなりません。"
#: template/governments.html.j2:58
msgid ""
@@ -914,9 +996,11 @@ msgid ""
"disputes. Financial damages are strictly limited, improving economic "
"security for individuals, merchants, the exchange and the state."
msgstr ""
-"GNU Talerの送金は暗号化セキュリティで守られています。したがって、ユーザー、マーチャント、GNU Taler送金サービスプロバイダー(両替所)間で"
-"トラブルが起きた時も、法律を遵守した証拠を数字ですぐに提示することができます。財政的損害は非常に少なく済み、ユーザー、マーチャント、交換所、行政のすべてに"
-"おいて経済的セキュリティをより強固なものにします。"
+"GNU Talerの送金は暗号化セキュリティで守られています。したがって、ユーザー、"
+"マーチャント、GNU Taler送金サービスプロバイダー(両替所)間でトラブルが起きた"
+"時も、法律を遵守した証拠を数字ですぐに提示することができます。財政的損害は非"
+"常に少なく済み、ユーザー、マーチャント、交換所、行政のすべてにおいて経済的セ"
+"キュリティをより強固なものにします。"
#: template/governments.html.j2:70
msgid ""
@@ -927,9 +1011,11 @@ msgid ""
"the exchange to ensure that the escrow account is managed honestly. This "
"ensures that the exchange does not threaten the economy due to fraud."
msgstr ""
-"送金サービスプロバイダーとして、GNU Taler両替所は金融規制を遵守します。金融規制と定期的な監査は信頼関係構築に不可欠です。とくに、GNUTaler"
-"両替所には、エスクローアカウントが不正なく運用されるための暗号化履歴を調査する、独立した監査を義務付けています。このようにして、両替所が不正により経済を脅"
-"かすことのないよう運営しています。"
+"送金サービスプロバイダーとして、GNU Taler両替所は金融規制を遵守します。金"
+"融規制と定期的な監査は信頼関係構築に不可欠です。とくに、GNUTaler両替所に"
+"は、エスクローアカウントが不正なく運用されるための暗号化履歴を調査する、独立"
+"した監査を義務付けています。このようにして、両替所が不正により経済を脅かすこ"
+"とのないよう運営しています。"
#: template/governments.html.j2:88
msgid ""
@@ -937,8 +1023,9 @@ msgid ""
"will enable competition and avoid the monopolization of payment systems that "
"threatens global political and financial stability today."
msgstr ""
-"GNU Talerはオープンプロトコルスタンダードを実装するフリーウェアです。そして、現在世界中で、政情や経済状態を脅かしている送金システムの独占状態に対"
-"抗します。"
+"GNU Talerはオープンプロトコルスタンダードを実装するフリーウェアです。そして、"
+"現在世界中で、政情や経済状態を脅かしている送金システムの独占状態に対抗しま"
+"す。"
#: template/governments.html.j2:98
msgid "Efficient"
@@ -950,8 +1037,9 @@ msgid ""
"as Bitcoin, Taler will not threaten the availability of national electric "
"grids or (significantly) contribute to environmental pollution."
msgstr ""
-"GNU Talerは効率の良い仕組みを持っています。ビットコインのようなブロックチェーン方式と比較して、配電網に不可をかけたり、(著しく)環境破壊をしたり"
-"しません。"
+"GNU Talerは効率の良い仕組みを持っています。ビットコインのようなブロックチェー"
+"ン方式と比較して、配電網に不可をかけたり、(著しく)環境破壊をしたりしませ"
+"ん。"
#: template/governments.html.j2:117
msgid "Taler and regulation"
@@ -965,7 +1053,9 @@ msgstr "アンチマネーロンダリング(AML)"
msgid ""
"With Taler, income is visible and can be tied to the contract signed by both "
"parties."
-msgstr "GNU Talerは収入に透明性をもたらし、両者が署名した契約の金額に紐づけられています。"
+msgstr ""
+"GNU Talerは収入に透明性をもたらし、両者が署名した契約の金額に紐づけられていま"
+"す。"
#: template/governments.html.j2:121
msgid "Know your customer (KYC)"
@@ -975,7 +1065,9 @@ msgstr "顧客確認 (KYC)"
msgid ""
"In Taler, payer and payee are known by their bank accounts when withdrawing "
"or depositing coins respectively"
-msgstr "GNU Talerでは、送金人と受取人は、おのおの通貨を引き出したり預け入れたりする際、銀行に認識されます"
+msgstr ""
+"GNU Talerでは、送金人と受取人は、おのおの通貨を引き出したり預け入れたりする"
+"際、銀行に認識されます"
#: template/governments.html.j2:123
msgid "General Data Protection Regulation (GDPR)"
@@ -985,7 +1077,9 @@ msgstr "一般データ保護規則 (GDPR)"
msgid ""
"Taler cryptographically protects citizen's privacy, and by design implements "
"data minimization and privacy by default."
-msgstr "Talerはデータを最小化とプライバシー保護を設計段階から実装し、皆様のプライバシーを暗号化技術で保護します。"
+msgstr ""
+"Talerはデータを最小化とプライバシー保護を設計段階から実装し、皆様のプライバ"
+"シーを暗号化技術で保護します。"
#: template/governments.html.j2:125
msgid "Payment Services Directive (PSD2)"
@@ -995,7 +1089,9 @@ msgstr "支払いサービスに関する指令 (PSD2)"
msgid ""
"Taler provides an open standard with public APIs contributing to a "
"competitive banking sector."
-msgstr "Talerは競争力ある金融セクタに貢献するパブリックAPIのオープンスタンダードを提供します。"
+msgstr ""
+"Talerは競争力ある金融セクタに貢献するパブリックAPIのオープンスタンダードを提"
+"供します。"
#: template/governments.html.j2:134
msgid "Taler provides privacy and accountability"
@@ -1007,15 +1103,17 @@ msgid ""
"and leaving the Taler payment system. Starting with the wire transfers, "
"governments can obtain:"
msgstr ""
-"Talerは政府が既存の電信送金をTalerの支払いシステムに出入りしてモニターできるものとします。電信送金をはじめとして、政府がモニターできるのは以下の"
-"とおり:"
+"Talerは政府が既存の電信送金をTalerの支払いシステムに出入りしてモニターできる"
+"ものとします。電信送金をはじめとして、政府がモニターできるのは以下のとおり:"
#: template/governments.html.j2:145
msgid ""
"The total amount of digital currency withdrawn by a customer. The government "
"can impose limits on how much digital cash a customer can withdraw within a "
"given time frame."
-msgstr "お客様が引き出したデジタル通貨の合計金額。一定の期間にお客様が引き出せるデジタル通貨の限度額を政府は決めることができます。"
+msgstr ""
+"お客様が引き出したデジタル通貨の合計金額。一定の期間にお客様が引き出せるデジ"
+"タル通貨の限度額を政府は決めることができます。"
#: template/governments.html.j2:154
msgid "The income received by any merchant via the Taler system."
@@ -1026,7 +1124,9 @@ msgid ""
"The exact details of the underlying contract that was signed between "
"customer and merchant. However, this information would typically not include "
"the identity of the customer."
-msgstr "お客様とマーチャントの間で署名された契約内容の詳細。ただし、お客様を個人として特定できる情報は含まないものとします。"
+msgstr ""
+"お客様とマーチャントの間で署名された契約内容の詳細。ただし、お客様を個人とし"
+"て特定できる情報は含まないものとします。"
#: template/governments.html.j2:170
msgid ""
@@ -1036,10 +1136,11 @@ msgid ""
"merchants with the exchange, and the income of the exchange from transaction "
"fees."
msgstr ""
-"正当にお客様が交換所で引き出したデジタル通貨は、お客様のウォレットの中で無担保のデジタル通貨としての価値、マーチャントが交換所で預け入れた送金額に相当する"
-"価値、そして送金手数料が反映されたものです。"
+"正当にお客様が交換所で引き出したデジタル通貨は、お客様のウォレットの中で無担"
+"保のデジタル通貨としての価値、マーチャントが交換所で預け入れた送金額に相当す"
+"る価値、そして送金手数料が反映されたものです。"
-#: template/index.html.j2:14
+#: template/index.html.j2:16
msgid ""
"We provide a payment system that makes <span class='tlr'>privacy-friendly</"
"span> online transactions <span class='tlr'>fast and easy</span>."
@@ -1047,35 +1148,36 @@ msgstr ""
"私たちは<span class='tlr'>プライバシー保護された</span>オンライン送金<span "
"class='tlr'>を素早く簡単に</span>実現します。"
-#: template/index.html.j2:19
+#: template/index.html.j2:21
msgid "Payments without registration"
msgstr "ショッピングサイトに登録せずにお支払い"
-#: template/index.html.j2:23
+#: template/index.html.j2:25
msgid "Data protection by default"
msgstr "初期設定でデータ保護"
-#: template/index.html.j2:27
+#: template/index.html.j2:29
msgid "Fraud eliminated by design"
msgstr "不正防止設計"
-#: template/index.html.j2:31
+#: template/index.html.j2:33
msgid "Not a new currency!"
msgstr "新しい通貨ではありません!"
-#: template/index.html.j2:35
+#: template/index.html.j2:37
msgid "Empowers communities to run their own payment infrastructure"
-msgstr "自分たちで支払いインフラストラクチャーを運営するコミュニティーを応援する"
+msgstr ""
+"自分たちで支払いインフラストラクチャーを運営するコミュニティーを応援する"
-#: template/index.html.j2:39
+#: template/index.html.j2:41
msgid "Free Software"
msgstr "オープンソースで自由なFree Software"
-#: template/index.html.j2:42
+#: template/index.html.j2:44
msgid "Try Demo!"
msgstr "体験版を使ってみよう!"
-#: template/index.html.j2:43
+#: template/index.html.j2:45
msgid "Read Docs"
msgstr "ドキュメントを読む"
@@ -1086,8 +1188,9 @@ msgid ""
"payments for these contracts. Its main use-case is for a mensa, cafeteria or "
"restaurant when vending food from a menu."
msgstr ""
-"こちらはTaler PoS Appのページです。Talerでの契約を素早く結び、Talerで支払いをするためのサービスのリストを作成できます。メニューから"
-"食べ物を購入するときに使うケースが多いでしょう。"
+"こちらはTaler PoS Appのページです。Talerでの契約を素早く結び、Talerで支払いを"
+"するためのサービスのリストを作成できます。メニューから食べ物を購入するときに"
+"使うケースが多いでしょう。"
#: template/press.html.j2:4
msgid "GNU Taler in the Press"
@@ -1125,9 +1228,21 @@ msgstr "1. オープンソースの自由なフリーソフトウェア"
#: template/principles.html.j2:33
msgid ""
"... in the area of computing, freedom means not using proprietary software"
-msgstr "……コンピュータ用語では、自由とは独占所有権を持つソフトウェアを使わないことを意味する"
+msgstr ""
+"……コンピュータ用語では、自由とは独占所有権を持つソフトウェアを使わないことを"
+"意味する"
#: template/principles.html.j2:36
+#, fuzzy
+#| msgid ""
+#| "GNU Taler must be <a href=\"https://www.gnu.org/philosophy/free-sw.html"
+#| "\">Free/Libre Software</a>. For merchants, Free/Libre Software prevents "
+#| "vendor lock-in meaning merchants can easily choose another service "
+#| "provider to process their payments. For countries, Free/Libre software "
+#| "means GNU Taler can not compromise sovereignty by imposing restrictions "
+#| "or requirements. And for exchange operators, transparency is crucial to "
+#| "satisfy <a href=\"https://en.wikipedia.org/wiki/Kerckhoffs's_principle"
+#| "\">Kerckhoff's principle</a> and to establish public confidence."
msgid ""
"GNU Taler must be <a href=\"https://www.gnu.org/philosophy/free-sw.html"
"\">Free/Libre Software</a>. For merchants, Free/Libre Software prevents "
@@ -1138,11 +1253,13 @@ msgid ""
"<a href=\"https://en.wikipedia.org/wiki/Kerckhoffs's_principle\">Kerckhoff's "
"principle</a> and to establish public confidence."
msgstr ""
-"GNU Talerは<a href=\"https://www.gnu.org/philosophy/free-sw.html\">自由なオープンソースの"
-"フリーソフトウェア</a>でなければならない。マーチャントにとっては囲いこまれることなく、自由にほかの送金サービスプロバイダを選べること。"
-"国家にとっては自由なオープンソースのフリーソフトウェアであるGNU Talerに主権を侵されるような制限や制約を強制されないこと。両替ユーザーは<a "
-"href=\"https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B1%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%83%9B%E3%"
-"83%95%E3%82%B9%E3%81%AE%E5%8E%9F%E7%90%86\">ケルクホフスの原理</a> "
+"GNU Talerは<a href=\"https://www.gnu.org/philosophy/free-sw.html\">自由なオー"
+"プンソースのフリーソフトウェア</a>でなければならない。マーチャントにとっては"
+"囲いこまれることなく、自由にほかの送金サービスプロバイダを選べること。国家に"
+"とっては自由なオープンソースのフリーソフトウェアであるGNU Talerに主権を侵され"
+"るような制限や制約を強制されないこと。両替ユーザーは<a href=\"https://ja."
+"wikipedia.org/wiki/%%E3%%82%%B1%%E3%%83%%AB%%E3%%82%%AF%%E3%%83%%9B%%E3%%83%"
+"%95%%E3%%82%%B9%%E3%%81%%AE%%E5%%8E%%9F%%E7%%90%%86\">ケルクホフスの原理</a> "
"を満たす透明性によって信頼性を確立することが重要である。"
#: template/principles.html.j2:49
@@ -1152,8 +1269,10 @@ msgid ""
"available and make it easy to verify that user-hostile features such as "
"tracking or telemetry are absent."
msgstr ""
-"自由なオープンソースのフリーソフトウェアなら、だれでもウォレットを変更して、互換性のあるプラットフォームを追加できるのがユーザーにとってのメリットです。ソ"
-"ースコードはだれでも入手可能で、ユーザーのためにならない追跡機能や監視機能が入っていないことを簡単に調べられる構造であるべきです。"
+"自由なオープンソースのフリーソフトウェアなら、だれでもウォレットを変更して、"
+"互換性のあるプラットフォームを追加できるのがユーザーにとってのメリットです。"
+"ソースコードはだれでも入手可能で、ユーザーのためにならない追跡機能や監視機能"
+"が入っていないことを簡単に調べられる構造であるべきです。"
#: template/principles.html.j2:60
msgid "2. Protect the privacy of buyers"