summaryrefslogtreecommitdiff
path: root/locale/ja/LC_MESSAGES/messages.po
diff options
context:
space:
mode:
Diffstat (limited to 'locale/ja/LC_MESSAGES/messages.po')
-rw-r--r--locale/ja/LC_MESSAGES/messages.po48
1 files changed, 39 insertions, 9 deletions
diff --git a/locale/ja/LC_MESSAGES/messages.po b/locale/ja/LC_MESSAGES/messages.po
index d396125..18f166a 100644
--- a/locale/ja/LC_MESSAGES/messages.po
+++ b/locale/ja/LC_MESSAGES/messages.po
@@ -8,7 +8,7 @@ msgstr ""
"Project-Id-Version: PROJECT VERSION\n"
"Report-Msgid-Bugs-To: EMAIL@ADDRESS\n"
"POT-Creation-Date: 2021-02-01 19:53+0100\n"
-"PO-Revision-Date: 2021-02-12 22:22+0000\n"
+"PO-Revision-Date: 2021-02-15 14:02+0000\n"
"Last-Translator: Miyuki Komatsu <miykom@gmail.com>\n"
"Language-Team: Japanese <http://weblate.taler.net/projects/gnu-taler/"
"main-web-site/ja/>\n"
@@ -554,10 +554,14 @@ msgid ""
"estimate, details may depend on hosting and backup requirements from the "
"regulator and could thus easily be 10x higher."
msgstr ""
+"GNU通貨は各取引所に対してその取引所独自の料金体系を設定することを可能にしており、オペレーターはコインの引き出し、お預かり、再読み込み、返金に関して手数"
+"料を設定できる仕組みになっています。加えて、準備金の締めやマーチャントへの電子送金の手数料もチャージできます。マーチャント側が顧客側の手数料の一部を負担す"
+"ることもあり得ます。実際の取引コストはおよそ0.001セント/取引だと思われます(高取引レートで、数十億の取引を償却した場合で、移送コストは除く)。これは"
+"早期段階での見積もりのため、詳細は監督当局による運用やバックアップに関する規則に因ります。取引コストが十倍となっていることも容易に起こり得ます。"
#: template/faq.html.j2:117
msgid "Does Taler work with international payments?"
-msgstr ""
+msgstr "Talerは国際決済可能ですか?"
#: template/faq.html.j2:119
msgid ""
@@ -569,23 +573,26 @@ msgid ""
"payments, so we have no plans to support currency conversion in the near "
"future."
msgstr ""
+"GNU通貨ウォレットは複数の通貨に対応していますが、現在のところ通貨間の変換にはシステムが対応していません。しかし、原則としては、ある通貨で預かり違う通貨"
+"で引き出すことができます。しかし、このケースに関しては監督当局のハードルが特に複雑な傾向です。GNU通貨としては日々の支払いに注力しており、当面は通貨間の"
+"変換には対応しない予定です。"
#: template/faq.html.j2:130
msgid "How does Taler relate to the (European) Electronic Money Directive?"
-msgstr ""
+msgstr "GNU通貨は(欧州)電子マネー指令にどのように対応していますか?"
#: template/faq.html.j2:132
msgid ""
"We believe the European Electronic Money Directive provides part of the "
"regulatory framework a Taler exchange with coins denominated in Euros would "
"have to follow."
-msgstr ""
+msgstr "欧州電子マネー指令はユーロ建てコインを取り扱うGNU通貨取引所が則るべき規制枠組みの一部を規定していると思われます。"
#: template/faq.html.j2:139
msgid ""
"What bank would guarantee the conversion between Taler coins and bank money "
"in regular bank accounts?"
-msgstr ""
+msgstr "GNUコインと通常の銀行口座にある資金間の変換を銀行はどうやって保証しているのでしょうか?"
#: template/faq.html.j2:141
msgid ""
@@ -596,12 +603,15 @@ msgid ""
"establishing a reason why consumers would have faith in the conversion from "
"Taler coins into regular bank money."
msgstr ""
+"取引所は銀行あるいは銀行の協力のもとにオペレーションを行っており、銀行は資金をエスクローの形で保有しています。この場合、同銀行とは通常の銀行もしくは電子通"
+"貨を主として取り扱う中央銀行となります。それでも、顧客がGNU通貨コインから通常の銀行資金へ変換する場合、その理由を確認することが各銀行の規定となっていま"
+"す。"
#: template/faq.html.j2:150
msgid ""
"To whom would consumers complain to in case of non-conversion or non-"
"compliance?"
-msgstr ""
+msgstr "変換が行われないときや不履行の場合の問い合わせ先はどこですか?"
#: template/faq.html.j2:152
msgid ""
@@ -611,10 +621,12 @@ msgid ""
"of issues. The auditors are expected to make their reports available to the "
"respective regulatory authorities, or even the general public."
msgstr ""
+"各取引所は一つ以上の独立した監査団体により監査を受ける必要があります。マーチャントと顧客のウォレットは自動的に監査側に問題を報告することになりますが、監査"
+"側は手動による問題報告の提出方法を示してもよいです。監査側は同報告書をそれぞれの監督当局もしくは公衆の閲覧に供することになっています。"
#: template/faq.html.j2:161
msgid "Are there any projects already using Taler?"
-msgstr ""
+msgstr "すでにTalerを使用しているプロジェクトはありますか?"
#: template/faq.html.j2:163
msgid ""
@@ -625,10 +637,13 @@ msgid ""
"be premature given the state of the project (see also <a href=\"https://"
"gnunet.org/bugs/\">our bugtracker</a> for a list of open issues)."
msgstr ""
+"試験的に取り組んでいたりプロトタイプを開発している企業が数社あるほか、中央銀行も含め通常の銀行数社と検討している段階です。そのため、現時点では商品が世に出"
+"ているわけではなく、プロジェクトの状況を加味すると未だ時期尚早だと言えるでしょう(未決課題リストに関しては<a href=\"https://gnunet"
+".org/bugs/\">バグ管理システム</a> も併せて参照ください)。"
#: template/faq.html.j2:174
msgid "Does Taler support recurring payments?"
-msgstr ""
+msgstr "GNU通貨は自動引き落としに対応していますか?"
#: template/faq.html.j2:176
msgid ""
@@ -646,10 +661,16 @@ msgid ""
"version of the Taler wallet will likely support them. But this is not a "
"feature that we are targeting for Taler 1.0. at this time."
msgstr ""
+"今現在では自動引き落としには対応していません。一定の金額が定期的に支払われる自動引き落としによる支払いは理論的にはGNU通貨で可能ですが、幾つか注意が必要"
+"です。具体的に言うと、自動引き落としが可能なのはGNUウォレットが希望する時間にオンラインで有効となっている時のみとなります。さらに言うと、繰り返し行われ"
+"るという性質を加味するとリンク可能となり、それにより自動引き落としを設定している利用者を特定するのに使われることも起こりえます。例えば、利用者を支払い時間"
+"に強制的にオフラインにすることでその時間に引き落としが実施されない事態が起こり、結局、GNU通貨ウォレットが運用されず、決済が行われなかったことで、利用者"
+"としては自動引き落としのために十分な残高を保有しておく必要がでてきます。それでも、使いやすさの点では将来的には自動引き落としにも対応できるようになると思わ"
+"れます。しかし、これは現時点でGNU通貨1.0が目指しているところではありません。"
#: template/features.html.j2:7
msgid "GNU Taler: Features"
-msgstr ""
+msgstr "GNU通貨:機能"
#: template/features.html.j2:13
msgid ""
@@ -658,6 +679,9 @@ msgid ""
"through payments with GNU Taler. This helps to <span class=\"tlr\">avoid tax "
"evasion and money laundering</span>."
msgstr ""
+"GNU通貨とは <span class=\"tlr\">プライバシーが保護された</span> "
+"支払い決済システムです。顧客側は匿名で利用できますがマーチャント側はGNU通貨での支払いによる収益を隠すことはできないため、<span class="
+"\"tlr\">脱税やマネーローンダリングを回避するのに役立ちます</span>。"
#: template/features.html.j2:23
msgid ""
@@ -665,6 +689,8 @@ msgid ""
"is <span class=\"tlr\">not meant as a store</span> of value. Payments are "
"always backed by an existing currency."
msgstr ""
+"GNU通貨の主な利用は <span class=\"tlr\">支払い決済</span>で、<span class=\"tlr\""
+">資金を保存しておく</span>ことではありません。支払いは常時既存の通貨でサポートされています。"
#: template/features.html.j2:32
msgid ""
@@ -672,6 +698,8 @@ msgid ""
"into <em>electronic money</em> with the help of an Exchange service, that "
"is, a payment service provider for Taler."
msgstr ""
+"GNU通貨の支払いサービスプロバイダーである取引所のサポートを受けて、<span class=\"tlr\">実際のお金</span> "
+"を<em>電子マネー</em>に変換した後に支払いが実施されます。"
#: template/features.html.j2:41
msgid ""
@@ -679,6 +707,8 @@ msgid ""
"accept payments <span class=\"tlr\">without making their customers register</"
"span> on the merchant&#39;s Website."
msgstr ""
+"支払いをする場合、顧客側はチャージされているウォレットを用意するだけです。マーチャント側は <span class=\"tlr\""
+">顧客にマーチャントのウェブサイトに登録してもらわなくても</span> 支払いを受け取ることができます。"
#: template/features.html.j2:50
msgid ""